歯科治療とは

歯科治療とは

歯科とは歯や歯周病を中心に歯に関連した口腔内組織の疾病を扱う診療科で、歯肉腫除去やインプラント埋入などの入院を必要としない簡単な手術や歯牙に限定した疾病の治療が行われます。
歯科で標榜(医療法等の規定に基づいて、広告に表示できる診療科の名称)できる診療科目は、医療法によって一般歯科・矯正歯科・小児歯科・歯科口腔外科の4つだけに規定されています。一部の歯科医院や大学病院では審美歯科・心療歯科・高齢者歯科・障害者歯科などが行われていますが、標榜科目ではないことから、院内での表示やホームページへの表示はできても看板などには表示することはできません。
わが国においては、一般医師と歯科医師では免許が分かれているため、歯科医師でない医師が歯科医業を行うことは法的に禁止されています。そこで、医業との判別が困難な治療や歯科医業であると同時に一般医業にもなる治療のケースでは、主として大学病院や総合病院の歯科口腔外科で行われることになります。
普段、歯科治療のことを虫歯や歯周病などの治療だけをイメージしますが、それらは「一般歯科」の治療です。歯科治療とは、虫歯や歯周病治療など「一般歯科」治療のほか「小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科」といった特殊な歯の治療を含めた全ての治療と言うべきでしょう。
一般歯科の治療の多くが保険の範囲内で行われる治療が多いことから、歯科治療のことを保険治療と表現される場合があります。しかし、これも正しくありません。保険制度には制約がありますので同じ治療でも使用する材料などの違いによって保険治療ではなくなるケースもあります。


このページの先頭へ戻る