葬儀関連

2013/03/11 12:10:11 | 葬儀関連
仏式で行われることがほとんどである日本での納骨ということで、前の項では便宜的に仏式における納骨についてかいつまんでお話しました。そのため、前の項とだぶる部分も多少なりともあるかとは思いますが、ここでは、仏式、神式、さらにはキリスト教式にわけて、簡単に納骨までの流れを把握していただきたいと思います。まずは、仏式における納骨のタイミングですが、「初七日」から「四十九日」、「一周忌」、「三回忌」などに合わせて行われるのが一般的です。また、神式の場合、「五十日祭」を限度として、それまでの十日区分(その区分を「霊祭」と呼びます)で選択して、納骨式を行うことが多いとされます。さらに、今度はキリスト教式の納...
納骨までの流れについての続きはこちら

このページの先頭へ戻る